By ゆうと | 7月 9, 2009 - 11:03 am - Posted in どんなに信じていても…, 信心とは

親鸞会発行の「こんなことが知りたい」の中に、信心について高森顕徹先生が答えられているところがあります。


私は高校生ですが、なぜ宗教が必要なのか分かりません。
信心なんて古くさいものはいらないように思います。必要な理由を教えて下さい。


信心はなぜ必要なのかと仰有いますが、私達は何かを信じなければ生きてはゆけないからです。
信心とは、何かを心で信ずることです。
信ずるということは言葉をかえればたよりにする、あて力にするということです。

私達は何かをたよりにし、あて力にしなければ生きてはゆけません。
即ち、何かを信じなければ生きておれないのです。

妻は夫を信じ、夫は妻を信じ、親は子供をたよりにし、子供は親をあて力にして生きております。
その他、自分の身体や生命、財産や金銭、家や名誉や社会的地位等、何かをあて力にして人間は生きております。

だから生きるということは信ずることなのです。

神や仏を信ずることだけが信心ではありません。

昔から鰯の頭も信心からと言われますが、つまらぬものでも信じていればその人の信心です。
だから総ての人は何らかの信心をもっているのです。

ところが私達は、ただ生きているのではありません。
幸福を求めて生きている人ばかりです。
そして一切の苦しみ悩みを厭うております。

苦しみ悩みはどこから起きるのか考えてみますと、信じていたものに裏切られた時に起きて来るのです。

病人の苦悩は健康に裏切られたからであり、家庭の悲劇は夫を信じ切っていた妻が、夫に裏切られたからです。

子供に裏切られた親、親に裏切られた子供。

家の子供にかぎってと深く信じていればいる程、裏切られた時の親の苦悩や悲しみ怒りは大きいのです。

これで分かるように我々は何かを信じなければ生きてはゆけませんが、
やがては我々を裏切ることのあるものを信じて生きるということは馬鹿げたことです。

では、この世で生命をかけて信じても後悔のない、謂、絶対に裏切ることのないものはあるでしょうか。

結論を急ぎましょう。何もないのです。

この世の一切は死ぬ時にはなんのあて力にもなりません。
この肉体さえ焼いてゆかねばなりませんから。
今死ぬという時でも変わらぬもの、それは三世諸仏をして成仏せしめた本師本仏の阿弥陀仏あるのみです。
釈尊の先生である阿弥陀仏の本願によらねば、絶対に救われない、ということが改めて知らされます。

コメントは受け付けていません。

信心について、もっと学んでみましょう。
経典に説かれている話を紹介します。

とある金持ちの男が三人の妻を囲って贅沢に暮らしていました。
第一夫人を最も愛しており、何事にも気遣って機嫌を損なわせることはありません。
第二夫人は他人と争ってまで手に入れた夫人で、いつも自分の傍に置いています。
第三夫人は寂しいときや困ったときに逢っていました。
ところが、やがて男は身体を壊し病床に伏すようになります。
死を恐れる彼は第一夫人に死出の旅路に同道するよう頼みます。
ところが「他のことならともかく、死に同道することはできません」
と、すげない返事。
次に、第二夫人に同じことを頼みます。しかし、
「貴方が私を求められたのは、貴方の勝手です。私から頼んだのではありません」
と、こちらも冷たい返事。
最後に恐る恐る第三夫人にすがってみると、
「村外れまでなら同道させていただきますが、そのあとは堪忍してください」
と突き放されてしまいます。

この話は実は喩え話となっています。
男に喩えられているのは、この世の全ての人間です。
第一夫人は肉体、第二夫人は金銀財宝、
第三夫人は父母妻子兄弟朋友などを喩えられています。

それまでにどんなに大切にして愛していたものでも、
死の際にはそれら一切のものから見放され、
どれひとつとして力になるものがなかったと驚き悲しむ・・・
これが人間の実相です。

たとえ長年信じているものがあったとしても、
私たちはいずれ死ぬことになります。

そのときには信じていた家族や、お金や財産、名誉にも裏切られ
最も大事なこの肉体さえも焼いていかなければならないのです。

コメントは受け付けていません。

私たち人間はこの世を生きるにあたって様々なものを信じて生きています。
ということは、必ず何かの信心を持って生きています。

ところが、私たちは、その信じているものに裏切られたときに、苦しんだり、悩んだりします。

健康だと思っていた身体が病気を患い、苦しむのは、信じていた健康に裏切られたから。
苦労して貯めたお金が、詐欺にあって通帳からいつの間にか引き出されて返ってこない、という目にあった人は、お金に裏切られたと言えるでしょう。
好きな恋人にふられて、大きなショックを受けるのは、自分を愛してくれていると信じていた相手に裏切られたからです。
美味しそうだと思って注文した料理がそれほどではないと分かるとがっかりします。
美味しいと信じていた料理に裏切られた後の悲しさです。

このように、信じているものに、裏切られたときに、私たちは苦しみを感じ、悲しみに暮れます。
しかも、強く、深く信じているほど、裏切られた悲しみや怒りは大きくなります。

では、裏切らないものを私たちは信じて生きているのでしょうか?
もし、やがて必ず裏切るものばかりを信じて生きているとすれば、これほどの悲劇はありません。

ならば、絶対に裏切らないものはどこかにないのでしょうか。

いつの時代にでもお金を貯め込むことが好きな大富豪はいますが、
どれだけ豪華な金銀財宝を集めたとしても、死後の世界にまでは持っていけません。
全部、この世に置いていかねばなりません。

自分の能力はどうでしょうか。
どんなに身体を鍛え、才能を高めたとしても、死んでしまえば肉体は朽ちるばかりです。

日本で最も成功したと言われる、あの豊臣秀吉も、臨終には、

「露と落ち、露と消えにし、わが身かな。難波のことも夢のまた夢」

と寂しくこの世を去っています。

お金、財産、地位、名誉をほしいままにした秀吉も、やがてすべてに裏切られ、一人ぼっちで死出の旅路を行ったのです。
秀吉に限らず、すべての人は死に瀕するときには全てのものに裏切られます。
しかし、これでは、人間は苦しむために生まれてきたことになってしまいます。

そんなはずはありませんので、親鸞聖人は、「人間に生まれて良かった」といえる本当の幸福、人生の目的をハッキリ教えておられます。
それは、阿弥陀仏の本願に救い摂られ、絶対の幸福、無碍の一道に出ることである、と親鸞聖人は教えておられるのです。

その喜び、満足は死に際しても決して崩れることも、色あせることもありません。

「やがて必ず裏切るものを信じているから苦しみ悩みが絶えないのだ。本当の幸福になりたければ、絶対に裏切ることのない正しい信心を持ちなさい」

正しい信心とは何か、それを明らかにされたのが親鸞聖人のお書き下された「正信偈」です。

コメントは受け付けていません。