By ゆうと | 6月 3, 2011 - 9:03 am - Posted in 未分類

浄土真宗親鸞会では、親鸞聖人の本当の教えが説かれています。

今日、世界の光と言われる親鸞聖人の教えは、親鸞会でしか聞くことが

できないでしょう。 東西の本願寺をはじめ、真宗十派は、十劫安心、

称名正因の異安心となり、寺には誰もよりつかず、葬式法事をなりわい

としているのが実情です。

「この信心を獲得せずば極楽には往生せずして、無間地獄に堕在すべし」

信心獲得しなければ、死ねば無間地獄へ堕ちねばなりません。

これを、後生の一大事といいます。

これ以上の大事はありませんから、“一”大事、といわれるのです。

This entry was posted on 金曜日, 6月 3rd, 2011 at 9:03 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.