By ゆうと | 8月 30, 2011 - 2:00 pm - Posted in 未分類

数ある仏教書の中で、最も有名なものは、「歎異抄」 ではないでしょうか。

高校の教科書などでも、必ずといっていいほど、出ています。

今から約650年前に書かれたもの、と言われており、著者不明です。

流れるような美文、名文で、親鸞聖人の教え、他力信心の極致が書かれて

います。 親鸞聖人が世界の光であり、親鸞聖人の教えを知りたい人は

歎異抄を読むのですが、ひじょうに誤解しやすい箇所が、多くあります。

全部で18章からなりますが、1章にすべて納まります。

その1章の中でも、特に大事な部分が、「信心を要とすとしるべし」

の一文なのです。 これは一体、どのような意味でしょうか。

歎異抄の真意は、教行信証に基づかねば、わかりません。

親鸞会館で、本当の親鸞聖人の教えを聞きましょう。

親鸞会の法話は、全国各地でも行われています。

This entry was posted on 火曜日, 8月 30th, 2011 at 2:00 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.